リサイクル リビルトパーツを取り扱う気持ち。すべてはもったいない精神から。

価値があるのに、捨てられているものがある。まだ輝けるのに、眠っているものがある。
それはそのままでいいのか。世の中のために活かしていくことはできないか。
今、自動車業界は常に新しいものを想像し技術の進化を遂げている。
しかし、時代を支える物流シーンや街を支える建築シーンは
コストを常に意識している。
我々は常にトラックパーツを始め車に関わる部品の情報を
誰よりも多く、そして早く求めている方に届けること
それが有限会社北越自動車商会の使命と考えます。
中古トラックからパーツを取り新たな命を繋ぐことは
業界の道を切り開き、ルールと価値をつくり、
皆様に愛される再生事業に尽力して生きたいと考えております。

HOME > 会社理念

代表ご挨拶

当社は創業して今年で60余年、多くのお客様に支えられ今日を迎えることが出来ました。これもひとえに、社会、お客様、取引先企業、従業員すべての人のご支援、ご指導の賜物と、心から感謝いたしております。中古トラックの販売事業から、時代に合わせて中古部品の再生、リファイン、リビルドと現在のトラックのパーツ市場と環境に配慮したリサイクル事業と取り扱い業態を大きく成長してきました。お客様のニーズは時代と共に日々変化しています。さらに自動車に至ってはハイブリット車や電気自動車の普及など、技術の進歩に伴い自動車の修理に幅広い知識と経験、高い技術力が必要となりました。そうしたお客様の多様なニーズに応える革新的サービスの提供や、豊富な知識や経験から生まれる確かな技術力で、お客様により安心、安全、快適なカーライフをサポートし、お客様に安心のカーライフを実現していただくことで社会の発展に貢献するという想いで日々営業しております。

従業員一同、常に感謝の気持ちを忘れず、お客様に感動を与えるより良いサービス、技術の提供を続けてまいりますので、今後ともより一層のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 笠原宏司

有限会社北越自動車商会の歴史

昭和27年9月
創業
昭和44年(1969年)
富山駅前から本江へ本社移転
平成11年
高木保が代表取締役就任
平成12年
部品課新工場設立
平成26年9月
高木保が会長就任
笠原宏司が代表取締役就任
スタッフブログ